相続問題は弁護士に迷わず相談【悩み無用の平和な日常にカムバック】

トラブル回避のためにあらかじめ弁護士に相談しておこう

税務サービスを考える

税理士

江戸川区内で営業している税理士事務所がたくさんありますが、ここ数年は、個人客が相続相談で利用するケースが増えてきています。実際に相続が開始してから税理士を利用することももちろん可能ですが、生きているうちに相続税の節税相談をすることができます。

Read More

遺言書の種類と手続き

初心者でもスムーズに決めることが出来ます。相続の弁護士相談に迷ったらこちらのガイドを参考にしておくことがポイントです。

必要のない財産の相続放棄の相談はこちらのセンターにすることが出来ますよ。全国どこでも対応してくれるので、気軽に問い合わせてみましょう。

自筆による遺言書

pen

遺産相続は原則として、法定相続人が継承します。但し、遺言書が残された場合は、その内容が優先します。故人の生前に、家族で協議して合意するのが一番良いのですが、トラブルが想定される場合には遺言書が効果的です。遺言書には、自筆による遺言と公正証書による遺言があります。自筆による遺言は、簡単に作成できて費用がかからない点はメリットですが、記述した内容が法的な要件を満たしていない可能性もあり、その場合は無効になってしまいます。そこで、遺言書を弁護士等の専門家に託して、内容に不備がないことを確認した上で、故人の葬儀が終わった後で、委託された弁護士等が立ち会いの下で、家族や親族が揃った場所で開封するように委託しておけば、トラブルを回避できます。

公正証書による遺言書

一方、公正証書による遺言は、公証役場で作成します。この時、遺言の内容を伝え、公証人が記録して公正証書遺言書を作成し、役場で保存されます。この時に必要なのが、2人以上の証人です。証人は法定相続人であってはなりません。1人は委託した弁護士等でも可能です。そして、遺言に登場する相続人全員に対して手数料がかかります。手数料額は相続する財産の金額によって異なります。例えば、配偶者に1000万円、子供2人に500万円づつ相続させる場合は、配偶者分が17,000円、子供1人当たり11,000円づつが手数料ですが、総額が1億円に満たない場合は全体で11000円が加算されます。公正証書による遺言では、このように手続きと費用がかかりますが、法的要件を満たし、捏造の心配もありません。いずれの方法を選択するかは、相続金額や内容を見て、弁護士等に相談しながら決定することが適策です。

B型肝炎の給付金を確実に受け取るために弁護士に相談したほうが良いですよ。解決力が高い専門家がこちらにいますよ。

倒産の危機に悩まされている場合に最適。会社清算の相談に乗ってくれるコチラを頼りましょう。きっとトラブルを解決に導いてくれます。

離婚トラブル

pen

名古屋には、離婚相談サービスを提供している事務所がたくさんあります。弁護士や司法書士が相談に応じているケースが多いのですが、最近では社会保険労務士の進出が目立つようになってきました。専門家を利用すれば、手続きをスムーズに進められるようになるため、多くの人が利用しています。

Read More

トラブルを未然に防ぐ

弁護士に相談する

高齢者が増加していることに伴い、相続のトラブルも増加しています。今や一般的な家庭でも、予め相続の対策を取らねばいけない時代となっています。弁護士に相談することでトラブルを未然に防ぐことができるほか、税理士と連携している事務所であれば相続税対策も取ることができます。

Read More